エクスプレス予約の割引サービス

エクスプレス予約の全割引サービス一覧

割引

エクスプレス予約会員であれば通常でも割引価格で新幹線に乗車できますが、更に割引になるサービスが会員向けに提供されています。
条件さえ合えば是非とも活用したいサービスです。

 

(2017年10月現在)

 

(広告)

 

 

エクスプレス予約で常時提供の割引サービス一覧

最新の割引サービス一覧

エクスプレス予約の割引サービス一覧
サービス名

区間制限

購入期限

人数

備考

EX予約サービス往復割引

601km以上

×

1人〜

往復で購入

EX早特

3日前

1人〜

長距離区間向け。東京〜広島など

EX早特21

×

21日前

1人〜

EXグリーン早特

×

3日前

1人〜

のぞみ6時台、終日ひかりのグリーン車

EXこだまグリーン早特

×

3日前

1人〜

こだまグリーン車のみ

EXのぞみファミリー早特

×

3日前

2人〜

土日休日のみ

EXこだまファミリー早特

×

3日前

2人〜

土日休日のみ。こだま号のみ

2017年9月1日までは、3日前までの予約で東京〜名古屋間の割引(IC早特タイプB)というのがありましたが、現在は廃止されてしまった。
東京〜新大阪間(のぞみ)は人気ですからね。

 

同時にエクスプレス予約の割引サービスは上記に一新されました。

 

 

新旧サービスの比較表

エクスプレス予約の新旧割引サービス比較表
新サービス名

旧サービス名

備考

EX予約サービス往復割引

新サービス

EX早特

IC早特(タイプA)

(廃止)

IC早特(タイプB)

廃止

EX早特21

IC早特タイプ21

EXグリーン早特

新サービス

EXこだまグリーン早特

こだま☆楽旅IC早特

EXのぞみファミリー早特

EXファミリー早特

EXこだまファミリー早特

一緒に☆こだま早特

新たに登場したのが、EX予約サービス往復割引と、EXグリーン早特。

 

その他、ネーミング体系が統一されてわかりやすくなりました。
わからなくなるので、これ以上変えないでほしいものです。

 

 

 

各割引サービスの概要

EX予約サービス往復割引

片道601km以上という距離の制限さえクリアできれば当日でも予約できます。

 

ややこしいのが、EX早特との比較です。
例えば、東京〜広島だと往復は16,290円ですが、EX早特は15,900円。
3日前までに予約できればEX早特の方が安くなります。

 

私の場合は帰りは電車時間がよめない上、ヘタすると宿泊になるケースも仕事であるので往復は敬遠しています。

 

 

EX早特

JR東海が売り出している主力の割引商品。
何が主力かというと、飛行機との価格争いでの主力です。

 

例えば、航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!航空機予約で航空機の価格を調べると東京〜広島間が安くて16,000円からです。
EX早特だと15,900円。
めちゃくちゃ対抗した価格です。

 

EX早特は3日前までに予約し、特定の区間に限って販売されています。
東京・品川・新横浜からの場合は、岡山・福山・広島・徳山・新山口・小倉・博多の7駅に限られます。
のぞみ停車駅と覚えるとわかりやすいです。

 

名古屋・京都・博多からだと小倉・博多の2駅です。

 

要するに飛行機と対抗する長距離区間に限った割引ですが、安いので乗る人は活用すべし。

 

 

 

EX早特21

21日前までの予約でかなり安く新幹線が乗れます。
ただ、21日前って結構難しく、更に時間も朝6時台か、昼11〜15時台に出発する列車に限られます。

 

結婚式とか法事で予定が確定している場合はぜひとも利用したい。
区間も東京・品川から、名古屋・京都・新大阪はもちろん岡山・広島など主力駅はほとんどに設定されています。

 

どんな割引サービスよりも安いので早めにチェックを。

 

 

 

EXグリーン早特

乗車3日前までに予約し、早朝ののぞみか、終日のひかりを利用するとグリーン車が割引で乗れるサービスです。
のぞみは朝6時台の出発限定。ひかりは1時間に2本ぐらいです。

 

列車の制約はありますが、グリーンで静かな車両で行きたい場合はつかえますが、料金があと少し安ければ利用者は大幅に増えるはずです。

 

東京〜名古屋がEXグリーン早特だと11,830円。
窓口で購入する普通指定席が11,090円。
エクスプレス予約の普通指定席が10,110円。

 

せめて、窓口で購入する料金11,090円と同額であれば、自分でも納得できます。
それを解決するのが次にご紹介するEXこだまグリーン早特です。

 

 

 

EXこだまグリーン早特

乗車3日前までに各駅停車の「こだま」を予約すれば、普通の指定席よりも安くなるのがEXこだまグリーン早特です。
時間は東京、名古屋間でプラス1時間かかりますが、時間に余裕あれば使えます。

 

もう少し早くついてほしい場合は、EXグリーン早特、時間は気にしなければEXこだまグリーン早特といった使い分けができます。

 

 

 

EXのぞみファミリー早特

2人以上を3日前までに予約すると土日祝日が安く利用できる割引サービスです。

 

ファミリーとありますが、こども料金設定もあるだけで家族でなくても利用できます。
通常のエクスプレス予約よりも東京、名古屋が片道1,320円割引。
大人数で週末に利用する場合は結構な割引になります。

 

 

 

 

EXこだまファミリー早特

最も割引率が高いサービスです。
乗車日の3日前まで2名以上でこだまを利用すると大幅割引。
東京〜名古屋が2,980円割引になります。

 

各駅停車のこだま利用利用になるので東京、名古屋で+1時間かかりますが、時間余裕あればかなりお得。

 

 

 

 

まとめ

7種類の割引サービスがありますが、行き先、時間の制約、早めの予約という3つの条件で絞られます。

 

行き先は妥協できないので、時間制約(時間がかかってもいい)、早めの予約(早く予定を決めてしまう)の2つですが、意外とできるものです。

 

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


IC早特タイプAとは 料金と条件

IC早特タイプAとは、エクスプレス予約会員向けに提供されている割引サービスです。条件が合えばエクスプレス予約で普通に予約するよりも更に3,000円前後安く乗車することができます。3日前までの予約で山陽新幹線の区間に乗車する場合に適用できます。IC早特タイプAのサービスは207年9月1日をもって終了し...

≫続きを読む

 

IC早特タイプBとは 料金と条件

IC早特タイプBのサービスは207年9月1日をもって終了しました。後継の類似サービスはなく、21日前の予約が必要なEX早特21もしくは複数名で利用するサービスのみです。IC早特タイプBとは、エクスプレス予約会員向けに提供されている割引サービスです。条件が合えばエクスプレス予約で普通に予約するよりも更...

≫続きを読む

 

こだま☆楽旅早特とは 料金と条件

こだま☆楽旅早特のサービスは207年9月1日をもって終了しました。後継の類似サービスは「EXこだまグリーン早特」になります。こだま☆楽旅早特とは、エクスプレス予約会員向けに提供されている割引サービスです。東海道新幹線のこだま号グリーン席が格安で利用できます。3日前までの予約で東海道新幹線区間のこだま...

≫続きを読む

 

EX早特21の料金と割引条件

EX早特21は2017年9月2日より改名されて始まったJR東海の公式割引サービスです。(エクスプレス予約の会員になる必要があります)以前はIC早特タイプ21という名称で期間限定の割引サービスでした。人気がある割引サービスですが、理由は人気区間の「のぞみ」でも大幅割引が可能なためです。新幹線が公式サー...

≫続きを読む

 

週末に家族や複数名でお得な「EXのぞみファミリー早特」

家族で旅行 東海道新幹線沿線で主力駅が一番安く利用できるのが、「EXこだまファミリー早特」です。窓口購入よりも4割程安く、通常のEX予約価格よりも3割安く新幹線が利用できます。ただし、複数名で3日前までの予約、列車は各駅停車の「こだま」限定。乗車日は土日祝日に限られるという条件があります。一番のネックは「こだま...

≫続きを読む

 

東海道新幹線が一番安い「EXこだまファミリー早特」公式割引

家族や複数名の移動で割引が大きいのが「EXのぞみファミリー早特」または「EXこだまファミリー早特」です。のぞみ号、こだま号のどちらを利用するかの違いがあります。窓口で購入する料金と比較して、「EXのぞみファミリー早特」は1割。「EXこだまファミリー早特」だと4割も割引があります。適用できる条件や設定...

≫続きを読む