新幹線の払い戻し時の領収書

新幹線で切符の払い戻しをした場合の領収書

返す

何らかの事情で切符の払い戻しが必要な場合には手数料が必要です。
窓口や自動券売機で購入した場合は最低でも220円、前日から当日になると最大で購入時の半額ぐらい手数料が必要になります。

 

手数料はJRに対しての支払いになるため、手数料分の領収書も当然発行してもらうことができます。

 

また、払い戻し時に購入時にもらった領収書は返す必要があるのでしょうか?
答えは不要です。

 

本記事で払い戻しの際の領収書の扱いについてご紹介します。

 

(広告)

 

 

JRの払い戻し手数料

JRのきっぷ払い戻し手数料一覧

JRきっぷの払い戻しができる窓口で見つけた払い戻し料金の一覧。↑

 

以下の表は東海道新幹線に限定したきっぷとエクスプレス予約を追加した一覧です。

新幹線の切符払い戻し手数料

きっぷの種類

払い戻し条件

手数料

普通乗車券、回数乗車券、自由席特急券、自由席グリーン券

使用開始前で有効期間内

220円

指定席特急券、指定席グリーン券、指定席券、e特急券

列車出発日の2日前まで

330円

出発日の前日から出発時刻まで

30%

ただし最低330円

EX予約サービスの指定席

列車発車時刻まで

310円

EX予約サービスの自由席

乗車日当日中

310円

 

今回、実際に試したのは「指定席特急券」で「列車出発日の2日前」のみなので330円の手数料です。
乗車券は購入していません。

 

 

 

払い戻しを行った場合の領収書

新幹線払い戻し領収書

「みどりの窓口」に並んで発行してもらった払い戻し手数料330円の領収書です。
レシートのような紙です。

 

払い戻しは「みどり窓口」でしか行えません。自動券売機では払い戻しはできません。
窓口で払い戻す際に係りの人に「領収書下さい」とちゃんと言わないともらえないのでご注意下さい。

 

 

 

券売機で購入した新幹線特急券

上記のきっぷは払い戻しを行った元のきっぷです。
自動券売機で、現金にて購入した特急券です。名古屋〜京都間ですが、2日前までの払い戻しなので、手数料は額面や距離には関係がありません。前日〜当日に払い戻しをすると、購入価格の30%が手数料になります。

 

 

新幹線特急券の領収書

特急券を購入した際に自動券売機より発券した領収書です。
払い戻しを行っても提示を求められたり回収されたりすることはありません。

 

 

 

きっぷを払い戻した場合の返金は現金?

現金できっぷを購入していた場合は現金での払い戻しです。

 

クレジットカードで購入した場合は、現金で払い戻しはしてもらえません。
購入価格と同額がカード会社よりマイナス決済され相殺されます。
お金に困った人がクレジットカードで換金する人が多くいて問題となったため、現在はカード購入の場合に現金で払い戻すことは禁止されています。

 

払い戻し手数料は別途支払います。その際に手数料をカード払いすることも現金支払いとすることも自由に選ぶことができます。

 

 

 

払い戻しでお小遣い稼ぎ(ボソッと)

出張の際に、新幹線で経費を請求して安い夜行バスで移動するパターンなんって例もあります。
(知り合いの知り合いの知り合いがやっていました)

 

新幹線のチケットを購入した際に領収書をもらって直ぐに払い戻します。
そうすると領収書は手元に残るので、それで経費請求する。(らしい)

 

払い戻し手数料だけで新幹線とバスの差額の一万円ぐらいが片道でお小遣いになります。(らしい)

 

たとえ会社が裏付けのためにJRに問い合わせなどしても無記名のきっぷを誰が買ったのかなどわからないのでバレません。
裏付けができないので、私の会社では新幹線の領収書は提出不要です。申告した額が貰えます。

 

 

 

 

まとめ

今回、この記事のために実際に領収書の発行をためしました。

 

あまり頻度はありませんが、払い戻しが必要になった場合はきちんと領収書をもらって経費請求をしましょう。

 

購入時の領収書は返す必要はありませんが、悪用はNGですよ。
また、経費をちょろまかすのもダメ。
自己責任の世界です。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


関連ページ

EX-ICの領収書発行
東海道新幹線をEXICで乗車した場合は自分で領収書を発行します。その方法をご紹介します。
e特急券の領収書発行
東海道新幹線をe特急券で利用した場合は発券時に発券機から領収書が切符と出てきます
手書き領収書の入手
新幹線で手書きの領収書をもらう方法
乗車中に領収書を発行
新幹線の乗車中に領収書をもう