新幹線へ荷物やペットの持ち込み

新幹線への荷物・ペットの持ち込み

新幹線に限らず、JRでは荷物(ペットを含む)持ち込みに関して制限があったり、持ち込めても有料となったりするケースがあります。

 

本記事では、各ルールと持ち込む荷物の種類によって詳しくご紹介します。

(広告)

 

持ち込めない荷物

以下のいずれかに該当する場合は料金を支払っても安全・衛生面から持ち込むことはできません。

  • 危険品
  • 暖炉・コンロ
  • 動物(小型でケースに入れれば一部可)
  • 死体
  • 不潔なもの
  • 臭気を発するもの

 

持ち込める荷物

縦・横・高さの合計が250センチ以内で、重さが30kg以内の携帯できる荷物を2つまで。
※傘、つえ、ハンドバッグなど身の回り品は個数に数えません

 

無料で持ち込めるもの

娯楽用品、その他携帯できる荷物であれば常識の範囲内であれば持ち込むことができます。

  • ロードバイク・自転車(要、輪行袋)
  • 盲導犬・介助犬・聴導犬(本人使用に限る。要、表示)
  • 車椅子(長さx高さが120cm以内、幅が70cm以内)
  • 旅行かばん
  • スーツケース
  • スポーツ用品(サーフボードは専用の袋に収納)
  • 楽器
  • 娯楽用品
  • 玩具
  • その他携帯できる荷物

 

有料で持ち込めるもの

新幹線への持ち込みで有料となるのは、ペットのみになります。
以下が有料で持ち込みが可能な種類ですが、猛獣やへび類は危険物の扱いで持ち込むことはできません。

  • 小犬
  • 小動物

 

ペットは、専用のケースに完全に収めた状態で駅、車内を移動する必要があります。
ケースの制限は以下のとおりです。

  • 長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度
  • ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内

 

 

 

出典:JR東海「手回り品」平成27年3月14日現在より

 

(広告)

東海道新幹線の荷物置き場

荷物 東海道新幹線で荷物を置くスペースとしては、以下の3箇所を利用します。車両毎の最後部頭上の荷物棚足元全国の新幹線では、デッキに専用荷物置き場がある場合があります、東海道新幹線にはありません。新幹線に持ち込んで良いものは、縦x横x高さの合計が250センチ以内、重さ30Kg以内のものが一人2つまでと制限が...

≫続きを読む

 

新幹線へのペットの持ち込み

犬 新幹線を含む全国のJR線では、制限はありますがペットの持ち込みが可能です。犬や猫などペットは飛行機と比べて格安です。大きさや種類による制限はありますが、新幹線は1匹(ケース)280円です。飛行機ではANAで4,000〜6,000円、JALで3,000〜6,000円かかりますが、飲み物を与えるなど簡易...

≫続きを読む

 

新幹線で自転車を輪行する方法

輪行 スポーツ用自転車なので大変軽やかに走らせる事が出来るロードバイク。颯爽と山道(&歩道)を駆け抜けるマウンテンバイク。コンパクトで持ち運びに便利なミニベロ。近年のこのバイクのブームは凄いもので、これを使って様々な場所でサイクリングを楽しむ人は大変増加しています。私自身もピナレロFP3、GISALLO、...

≫続きを読む

 

新幹線へのサーフボード持ち込み

サーフボード 東海道新幹線のように海の近くを新幹線が走るようなところでは、新幹線の駅から海に行くということができます。そうなると、サーフボードを持ち込んで、海でサーフィンでもしたいと考える人が出てきます。しかし、サーフボードは2メートルほどあり、明らかに周囲に迷惑を与えるような大きさです。そうした場合でもサーフボ...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加