新幹線の列車内で領収書をもらう

新幹線の車内で領収書を発行してもらう

新幹線の車掌さん

 

新幹線に乗車した場合の領収書は、発券時に駅でもらうことがほとんどです。

 

ところが、領収書は乗車中に新幹線の中で車掌さんにお願いすれば発行してもらうことができます。

 

駅や窓口などで領収書を貰うよりも、列車内であれば時間も節約できて便利なのでご紹介します。

 

(広告)

 

 

新幹線の車内でどうやって発行するのか

新幹線の車掌携帯端末

領収書は、駅でしか発行できないと思いきや、新幹線の走行中に車内で発行してもらうことができます。
領収書の発行には車掌さんが持ち歩いている携帯型の端末で発行を行います。

 

正式には「車掌携帯端末」と呼ばれ、領収書の発行だけでなく、乗り越清算、運行情報、指定席発売状況、自動改札の通過情報など乗る人の様々な要望に応えることができます。

 

 

発行される領収書のサンプル

新幹線車内で発行した領収書

発行してもらった領収書です。↑

 

領収書に必要な項目はきちんと印字されています。
項目にもJR東海が発行する領収書と違いはありません。

  • 領収日
  • 発行者
  • 金額
  • 使途
  • 宛名

 

 

発行される領収書の宛名について

領収書の宛名って必要なのでしょうか?不要なのでしょうか?

 

発行時に車掌さんに「宛名はどうされますか?」と聞かれましたが、私の場合は空欄としました。

 

会社によっては宛名が空欄の場合や「上様」とするのは禁止のケースがありますが、本来は消費税法では鉄道、バス、航空機の旅客運送では宛名は不要です。
交通費以外でも3万円未満のやりとりは少額として扱われ、宛名は不要です。

 

ただ、税務調査において調査された場合に対応は面倒になります。
宛名があった方がトラブルになる可能性が少ないため、可能であれば記載してもらう方が間違いがありません。
無駄に税調と戦う必要はないため、それなら宛名も書いてもらうルールにしようと考えるのも自然です。

 

どちらにしろ、会社に所属している方であれば経理担当の方に確認すべきです。
会社のルールとして統一するのがベストだからです。

 

 

車内で発行する理由

JR東海のサービスであるエクスプレス予約や、スマートEXでネット予約したケースが例としてあります。

 

エクスプレス予約は切符の受取もなく、手元にあるICカードで乗車するので領収書は自分でネットから発行します。
これらのネット予約では、領収書は乗車翌日以降しか発行できないため、当日必要な場合には車内もしくは、駅で発行する必要があるのです。

 

 

まとめ

領収書を発行してもらうのに一番効率的なのはきっぷの発券時です。
窓口ならお願いすればいいですし、自動券売でも発行できます。

 

ICカード乗車で発券しない場合や、領収書を複数名で分けたりするケースでは列車内で発券してもらうのが効率的です。
降りてからだと忘れてしまって改札を通ったら最後、再発行は難しくなります。

 

領収書は発行できるときに発行して大事にしまっておくのがベストです。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


関連ページ

EX-ICの領収書発行
東海道新幹線をEXICで乗車した場合は自分で領収書を発行します。その方法をご紹介します。
e特急券の領収書発行
東海道新幹線をe特急券で利用した場合は発券時に発券機から領収書が切符と出てきます
手書き領収書の入手
新幹線で手書きの領収書をもらう方法
払い戻しの領収書
新幹線の切符を払い戻した際に払った手数料の領収書