新幹線の繁忙期の料金と閑散期の料金

新幹線の閑散期の料金と繁忙期の料金

新幹線を含むJRの特急料金は、混雑状況に応じて料金が変わる料金体系になっています。
(本サイトでご紹介のエクスプレス予約では、年中料金は一律のため料金差はありません)

 

全国の新幹線に乗車した場合、時期によって一律200円増しか、200円引きとなるか通常料金のいずれかになります。
JR北海道、JR九州の在来線でも料金は±200円と同じですが、時期が若干違います。

 

200増し、200円引きは指定席の特急料金に関係するため、自由席の場合は年中同額です。

 

JRでは以下のように呼ばれています。

  • 繁忙期・・・混雑する時期(例:年末年始)
  • 閑散期・・・空いている時期(例:年末年始前 12月前半など)
  • 通常期・・・上記以外の日

(広告)

 

繁忙期のカレンダー2016年

繁忙期は通常料金にプラス200円支払う必要があります。

  • 3月21日〜4月5日・・・入学、入社シーズン
  • 4月28日〜5月6日・・・ゴールデンウィーク
  • 7月21日〜8月31日・・・お盆連休、夏休み
  • 12月25日〜1月10日・・・年末年始帰省

 

閑散期のカレンダー2016年

特に暦上のイベントはなく、連休前後が閑散期で通常料金よりも200円引きとなります。

  • 1月16日〜2月末日
  • 6月
  • 9月
  • 11月1日〜12月20日

 

最後に

新幹線に乗る日程が調整できるのであれば、閑散期を狙って乗車することもできます。
200円の差ではありますが、往復すると400円。

 

調整はむずかしいですが、年末の挨拶回りは12月20日までに済ませられると安く移動することができます。
私の勤める会社ではきちんと繁忙期、閑散期はチェックされていて、残念ながら安く移動してもあまりメリットはありません。

(広告)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

予約タイミング、変更、キャンセル
新幹線がいつから予約できるか、ネット予約でいつまで変更ができるのかなど予約の期間に関して
新幹線の停車駅一覧
のぞみ、ひかり、こだまの各停車駅
エレベーターの位置
東海道新幹線のホームでのエレベータ位置を駅ごとに紹介します。
エスカレーターの位置
東海道新幹線のホームでのエスカレーター位置を駅ごとに紹介します。
発着ホームの調べ方
駅によっては新幹線だけでも7つのホームがあり事前に調べる方法をわかりやすくご紹介します
乗り遅れた場合
予約した新幹線に万が一乗り遅れたらどうするか
ICご利用票の用途・紛失時
ICご利用票は東海道新幹線をエクスプレス予約でEXICカード(電子切符)を使って乗車する場合に発券されます。
新幹線の空席を調べる
新幹線の空席が調べられるサイトご紹介
N700系と700系の見分け
乗車する新幹線がN700か700系かを見分ける
駅間の距離を調べる
新幹線の駅間の距離を調べる
きっぷをなくしたら
新幹線のきっぷを紛失した場合
予約はいつから?
新幹線の予約に関連するタイミング全般の記事
切符の有効期限
新幹線のきっぷ有効期限
運行や遅れのトラブル
新幹線の運行や遅れのトラブル
電話による予約
新幹線の予約はJR西日本とJR九州の発売区間に限り電話予約が可能です。
新幹線に間違えて乗った場合
新幹線に間違えて乗ってしまった場合の対処法
新幹線の多目的室
東海道新幹線を中心に、1列車毎に設置されている多目的室