新幹線の予約は電話でできる?

新幹線の予約が電話でできるJR西日本とJR九州

新幹線の電話予約

 

2016年11月現在、新幹線の電話予約はJR西日本とJR九州に限り行われています。

 

JR西日本が山陽新幹線の新大阪〜博多、北陸新幹線の金沢〜上越妙高の区間。
JR九州は九州新幹線の博多〜鹿児島中央が該当します。

 

上記以外の区間は、現在電話予約することはできません。
旅行会社などで一部行っている可能性はありますが、残念ながら各社ともネット化に進んでいます。

 

JR西日本の電話予約についてご紹介します。

 

JR西日本、九州の電話予約サービスは、受取可能な駅が限られていますのでご注意ください。

 

(広告)

 

 

 

JR西日本の電話予約サービス

JR西日本は、「5489サービス」(電話予約サービス)という名で現在も電話による予約サービスを行っています。
ネットの予約サービスが「e5489」、電話が「5489」と従来は電話予約サービスからスタートしています。

 

注意点は、受け取りができる駅が限られていることです。
JR西日本の管轄駅でしか受け取りができないため、例えば名古屋駅はJR東海なので受け取りができません。

 

料金

特に手数料はなく、窓口で購入する価格で購入できるため良心的です。
前払いでカード決済すれば購入したきっぷを有料で宅配するサービスもあります。

 

 

2種類の支払い方法

電話で申し込み時にカードで決済する(お買い求め)か、きっぷの受け取り時に現金・カードで支払う(予約のみ)2種類から選べます。
申込み時に決済する方が、受け取り期限や区間が優遇されます。

 

JR西日本新幹線電話予約サービスの支払い方法による違い
項目

予約のみの場合

お買い求め

予約可能な列車

JR西日本、JR九州の相互区間
(補足1)

全国の新幹線

受取可能な駅

JR西日本、JR九州の駅

JR西日本、JR九州の駅

割引の利用

学割、株主優待、ジパング割引、身体障害者割引など

往復割引、区間割引のみ

受け取り期限

電話予約後、8日以内
(乗車9日〜2日前なら乗車2日前まで)

当日

きっぷの郵送

不可

可能(有料)

(補足1)JR西日本、JR九州の以下の区間

  • 山陽新幹線・・・新大阪〜博多
  • 北陸新幹線・・・金沢〜上越妙高
  • 九州新幹線・・・みずほ、さくら、つばめ

 

 

チケットの受け取り

切符は乗車前にJR西日本のみどりの窓口や新幹線券売機にて受け取ります。
受取可能な駅が限定されていますのでご注意ください。

 

 

電話で「予約のみ」の場合

電話予約してから8日以内に受取が必要です。
但し、乗車日の9日から2日前までの予約の場合に限り2日前までに受け取ることができます。

 

受け取り時には以下の用意が必要です。

  • 予約番号
  • 予約時の電話番号
  • きっぷ代金
  • 割引を利用する場合は回数券や学割・株主優待などの割引証

予約番号は、電話で予約した際に教えてくれます。

 

電話で「お買い求め」の場合

電話で予約時にカード決済まで完了している場合は、当日乗車する直前までに受け取れます。
受け取り時には以下の用意が必要です。

  • 予約番号
  • 予約時の電話番号
  • 予約時に利用したクレジットカード

予約番号は、電話で予約した際に教えてくれます。

 

 

電話での予約方法

以下に電話することでJR西日本の係の方が応対してくれます。

JR西日本 電話予約サービス

8:00〜22:00年中無休

予約時に伝える最低限の情報です。
順番に聞かれますので、答える準備だけしておけば大丈夫です。

  • 日時
  • 区間
  • 人数(大人、こども)
  • 希望の座席
  • 電話番号
  • 支払方法

 

 

予約の変更・取消について

電話で「予約のみ」の場合

電話予約してから8日前まで(乗車9日〜2日前までに予約した場合は2日前まで)であれば変更が可能です。
8日前(乗車9日〜2日前までに予約した場合は2日前まで)に予約しなければ自動的にキャンセルとなります。

 

取消に関して費用は発生しません。
新幹線を含むJRでは切符を受け取らない限り手数料は必要ないのが原則です。

 

ほっておけば取り消しになりますので気楽ですね。

 

 

電話で「お買い求め」の場合

既にカードで決済した場合は、窓口で購入したのと扱いは同じになります。
1回までの変更であれば無料ですが、2回目からは手数料を支払った上で一旦払い戻しを行ってから再度購入する形となります。

 

 

 

 

まとめ

電話で新幹線が予約できるのは、電話で色々と疑問な点を聞きながら予約できるので安心できます。
ただ、受取可能な駅がかなり限定されるのがネット予約同様に残念です。

 

どうしてもJR各社は、協力するよりも各社競ってサービスを展開してしまう。
そろそろオリンピックも開催されるので、そろそろサービスも統合できないものでしょうかね。

 

(広告)


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

予約タイミング、変更、キャンセル
新幹線がいつから予約できるか、ネット予約でいつまで変更ができるのかなど予約の期間に関して
新幹線の停車駅一覧
のぞみ、ひかり、こだまの各停車駅
エレベーターの位置
東海道新幹線のホームでのエレベータ位置を駅ごとに紹介します。
エスカレーターの位置
東海道新幹線のホームでのエスカレーター位置を駅ごとに紹介します。
発着ホームの調べ方
駅によっては新幹線だけでも7つのホームがあり事前に調べる方法をわかりやすくご紹介します
乗り遅れた場合
予約した新幹線に万が一乗り遅れたらどうするか
ICご利用票の用途・紛失時
ICご利用票は東海道新幹線をエクスプレス予約でEXICカード(電子切符)を使って乗車する場合に発券されます。
繁忙期と閑散期の料金
新幹線は混む時期と空いている時期によって200円高くなったり安くなったりします。
新幹線の空席を調べる
新幹線の空席が調べられるサイトご紹介
N700系と700系の見分け
乗車する新幹線がN700か700系かを見分ける
駅間の距離を調べる
新幹線の駅間の距離を調べる
きっぷをなくしたら
新幹線のきっぷを紛失した場合
予約はいつから?
新幹線の予約に関連するタイミング全般の記事
切符の有効期限
新幹線のきっぷ有効期限
運行や遅れのトラブル
新幹線の運行や遅れのトラブル
新幹線に間違えて乗った場合
新幹線に間違えて乗ってしまった場合の対処法
新幹線の多目的室
東海道新幹線を中心に、1列車毎に設置されている多目的室