新幹線で手書きの領収書をもらう

新幹線で手書き領収書の入手

手書き

新幹線に乗車した場合に手書きの領収書はあまり見かけなくなりました。
最近では、窓口や自動券売機で切符を購入すると、機械で印刷したタイプの領収書が主流です。

 

旧来の手書きの領収書を入手する方法について実体験を元にご紹介します。

 

(広告)

 

 

新幹線の領収書の実例(一般的なタイプ)

自動券売機で購入

自動券売機で乗車券を購入した例です。特急券も同じです。

新幹線の乗車券領収書

 

エクスプレス予約の切符受取機で発行

エクスプレス予約でのe特急券など受取時に領収書を発券したものです。

新幹線の領収書

 

エクスプレス予約の会員画面で印刷

EXICで乗車した場合は乗車翌日以降に自分で印刷します。

新幹線exicの領収書

 

 

新幹線の領収書の実例(手書きタイプ)

申し出れば、JR東海のオリジナルの用紙で領収書を手書きしてもらえます。

 

クレジットカードで特急券と乗車券を合算した例

特急券と乗車券をバラバラに購入した場合に1枚にまとめたい場合です。
カードで購入したケースで、窓口で領収書を特急券、乗車券の総額 で書いてもらいました。

新幹線手書き領収書

但し書き部分は「乗車券類(クレジットご利用)」です。
宛名は会社名にしてもらいました。

 

実際に乗車する特急券、乗車券を提示する必要があります。

 

EXICで乗車した場合の手書き領収書

EXICで乗車した場合に、窓口で当日書いてもらったケースです。
EXICは乗車翌日以降に会員画面より自分で印刷するのですが、手書きの領収書であれば当日もらうことができます。

新幹線手書き領収書

但し書き部分が「EX-ICご利用分(クレジット扱い)」となります。
宛名は無しにしてもらいました。

 

窓口で発行してもらう際にはEXICご利用票、EXICカードの提示を求められ、会員番号を照合していました。
ご利用票はゴミ箱にいっぱい捨てられてるので本人確認のためです。

 

 

 

手書き領収書をもらうタイミングと場所

タイミング

みどりの窓口で切符を購入する場合は、購入時に「手書きの領収書をお願いします」と言えば快諾してもらえます。

 

自動券売機やエクスプレス予約などのネット予約の場合には、発券してから下車するまでに窓口もしくは料金精算所でお願いすればもらえます。
新幹線で改札を出る際に切符は回収されるので、手書き領収書の入手は難しくなります。
必ず切符を持っている間に行います。

 

場所

おすすめは料金精算所です。
新幹線の改札付近に必ずあります。(改札の中です。外にはありません。)
料金精算所は、混むことはほとんどないため並ぶ必要がありません。

 

みどりの窓口が空いていれば改札に入る前でもかまいません。

 

その他、列車内で車掌さんに発行してもらうこともできます。
乗車距離が短いと車掌さんが来ない場合もあるのでご注意ください。

 

手書き領収書に必要なもの

窓口で購入時の場合

みどりの窓口で購入時にもらう場合は何も必要ありません。
切符と一緒にもらえます。

 

切符が手元にある場合

エクスプレス予約のe特急券や、EXきっぷ、など手元に切符が手元にある状態では、特急券と乗車券を提示すればよいです。
特急券しか手元に無い場合は特急券の分しか領収書はもらえません。

 

EXICで乗車の場合

EXICで乗車の場合は、ICご利用票とEXICカードの提示が必要です。
※EXICカードだけでも乗車記録があれば照合してもらうことはできますが、面倒をかけます。

 

ポイントは、必ず改札を入場している必要がある点です。
EXICは入場した時点で決済されるので、入場しないと乗車したことにはならず、領収書ももらえません。

 

 

領収書発行時に対応してくれること

特急券と乗車券の分割

特急料金、乗車料金を別々の領収書にしてもらうことができます。

 

複数名利用時の分割

何人か分をまとめて購入した場合など領収書を指定人数分に分けてもらえます。

 

宛名

指定した宛名にしてもらうことができます。
空白のままでも対応してくれます。

 

但し書きの部分を指定する

お願いしたことはありませんが、応じてくれないと思います。
駅員さんによっては、可能な範囲で対応してくれる可能性はあるので聞いてみてください。

 

通常は但し書きの部分は以下のいずれかです。

  • 乗車券類
  • EX-ICご利用分(クレジット扱い)

クレジットカードで切符を購入している場合はその旨記載されます。
現金ではなく、未領収のため、JR側は必ず表記が必要です。
切符に「C制」という表記があるので切符を見ればわかります。

 

 

まとめ

幸い私の勤める会社では、交通費の請求には寛大?で、新幹線を含む鉄道の利用では不要です。

 

本記事のためにあえて実践してみたのですが、どの窓口でも快諾して対応してくれました。
領収書は購入者も請求する権利がありますので、必要であれば遠慮なくお願いしてください。

 

これからも本ページの記事のためにあえていろいろなパターンで試していきます。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


関連ページ

EX-ICの領収書発行
東海道新幹線をEXICで乗車した場合は自分で領収書を発行します。その方法をご紹介します。
e特急券の領収書発行
東海道新幹線をe特急券で利用した場合は発券時に発券機から領収書が切符と出てきます
払い戻しの領収書
新幹線の切符を払い戻した際に払った手数料の領収書
乗車中に領収書を発行
新幹線の乗車中に領収書をもう