新幹線の子供連れ乗車のマナーと事前準備

新幹線に子連れで乗車するマナーと心の準備

子供を連れて新幹線に乗るのはできれば避けたいですよね。
泣いたらどうしようとか、事前にどんな状況になるかは当日でないとわかりません。

 

本記事であらかじめ設備や座席など知っておくことで少しでも乗車時の不安や混乱が解消できればと思います。

 

私自信も妻の実家が遠方にあり、年に数回は新幹線で移動します。
0歳児と5歳児の親としての経験をご紹介します。

(広告)

 

 

新幹線の子供料金

新幹線の年齢別の料金分類

料金区分

年齢

他条件

料金

おとな

12歳以上

12歳でも小学生であれば「子供」

通常料金

こども

6歳〜12歳未満

6歳でも小学校入学前は「幼児」

おとなの約半額

幼児

1歳〜6歳未満

大人や子供と同行、人数制限有り

無料

乳児

1歳未満

大人や子供と同行すること

無料

小学校入学前までは基本無料ですが、以下のケースでは「こども」料金が必要です。

  • 「こども」が指定席を利用する場合
  • 「幼児」が一人で乗車する場合
  • 同行する「おとな」または「こども」1人に対して2人を超える場合

一番該当が多くなるケースは、1つ目の「こども」が指定席を利用する場合です。

 

我が家では3〜4歳ぐらいから指定席を取るようにしました。
何時間も膝の上で抱っこしてられないのと、自分の席を欲しがるためです。

 

 

 

オムツ替え

オムツ替えは列車内の洋式トイレが利用できます。

 

新幹線には洋式・和式がありますが、洋式にしかオムツ台はありません。
洋式トイレは奇数号車の東京寄りにあります。

 

 

 

授乳

我が家は、座席で授乳ケープを使っての授乳が基本です。

 

流石に隣に男性が座っていたら見苦しいかと思いますので、洋式トイレで授乳することにしています。

 

11号車の多目的室の利用が有名ですが我が家は1度しか使ったことはありません。
わざわざ車掌さんに申し出たりする必要もあってタイミングが難しいので、さっさと座席やトイレで済ませた方が気楽です。

 

多目的室は体の不自由な方が優先ですので、運が良ければ使える程度とお考え下さい。
(大型連休前後を除き、あいているケースがほとんどですが)

 

11号車の多目的室前のトイレは車いすも利用できるので広くておすすめです。
(車いすの方優先で)
多目的室と多目的トイレは11号車の東京寄りにあります。

 

 

 

ミルク

ミルクに必要なお湯ですが、車掌さんにお願いすれば列車内の電子レンジで温めてもらえます。
ただし、衛生上の責任問題から水や哺乳瓶、粉ミルクは自分で準備しないといけません。

 

 

 

おすすめな座席

赤ちゃんの場合

授乳が必要な赤ちゃんがいる場合は以下の順でおすすめします。

  • 11号車の多目的室寄りの席
  • 12号車の1番A〜E席

上記が満席の場合は以下の条件で探していきます。

  • 車両ごとの先頭座席(少し広い)
  • 洋式トイレがある奇数号車
  • 通路側席で出入り口に近い1〜3列目程度まで
  • 3、7、10、15号車以外の車両

3、7、10、15号車は喫煙ルームがあって臭いがするので気になる方は避けましょう。

3歳〜小学校2年ぐらいまで

各号車の先頭車両をお勧めします。
前の座席を蹴ったり、テーブルを遠慮なく倒したりあげたりするので前の座席に迷惑かけます。

 

座席の横の位置ですが、始めは窓側に食いつきますが直ぐに飽きて通路に出たがります。
とは言ってもやはり窓側に最後は戻るので窓側がベストですね。
もう少し小さいときはトイレにたちやすい通路側です。

 

 

 

車内で助かる神器達と過ごし方

我が家で息子が3歳〜5歳ぐらいの時の事例です。
お子さんのヒントにお役立てください。

乗車した初めの10分

窓側の座席ですれ違う新幹線や景色に食いつきます。が、直ぐに飽きます。

塗り絵、迷路、お絵かき系

何だかんだ30分は夢中になります。迷路は新幹線が揺れるせいか効果はいまいちでした。
お絵かきは新幹線の揺れで線が曲がったりするのでそれが楽しいみたいで、ケタケタ笑いながら書いています。
ここは子供に依るので場合によってはヒスを起こすかも。

レジャーシート

これも30分は夢中になります。
100円ショップで買った一人用の小さいレジャーシートを椅子の下に敷くと遊び場の完成です。そこでは、粘土で遊ばせることができます。
一度ミニカーで遊ばせたところ、前の座席の方に走って行ってしまい回収が大変でした。

おやつタイム(その1)

15分ぐらいはおとなしくむさぼります。
普段食べさせないようなお菓子があればここで解放。その場で初めて見せないとダメです。予め知っていると乗った瞬間にお菓子コールがやみません。

おやつタイム(その2)

アイスが食べられる年頃であれば車内販売のアイスがお勧めです。
最初のうちは固いので購入後10分程してからが食べごろですが、我が家ではしばし戦っていました。

 

味はハーゲンダッツ以上に濃厚な乳脂肪分が豊富なので味はピカイチです。
昔から味も変わっておらず、私も子供の頃に食べさせてもらった記憶が今でも残っています。
これで20分程場がもちます。
車内販売は他にもじゃがりこ、チップスターなど売っていますので通った際はお早めに。

 

親からのミッション

これで10分ぐらいです。
あまり良い遊びではないかもしれませんが、どのみち走り回ることになるので先手を打ちます。
席から遠い方のデッキまで行って帰ってくるミッションを与えます。帰ってきたら今度は反対側のデッキまで行かせる。「絶対に走ってはだめ」「隣の車両はダメ」と言い聞かせてから。

※列車の駅での停止する前後、混雑時はNGです。
※また、席からちゃんと見守ってやってくださいね。

 

ここまで完了すると大体2時間なので東京〜名古屋間(正確には京都ぐらい)の区間になります。

 

 

小学校前の子供の座席を予約する場合の注意点

我が家でもそうでしたが、年中から年長ぐらいから新幹線の座席だけはとるようにしました。
自我に目覚めて席を欲しがるからです。

 

在来線でも小学校前は無料なのできっぷは買わないと思いますが、この場合に乗り換え改札でひっかかります。
子供分は在来線の切符がないので自動改札が通れないからです。

 

こういった場合は乗換口の有人改札を通りましょう。

 

 

 

まとめ

乗車中ずっと1つのことに夢中にさせるなど無理です。適度な時間が稼げる複数の「魔法の道具」を駆使してください。
音と、転がるものは周りに迷惑になるので厳禁です。

(広告)

新幹線でオムツ替えはどうする?

オムツ替え 東海道新幹線・山陽新幹線でのオムツ替えの場所や設備をご紹介します。何時間も乗車するケースもある場合や、新幹線下車後にも在来線利用がある方も多いと思います。我慢させずにオムツ替えができれば、残りの工程も少しは赤ちゃんのご機嫌も損なわずに済みます。オムツ替えはそれ程ハードルは高くありません。列車内のオム...

≫続きを読む

 

新幹線で授乳やミルクはどうする?

哺乳瓶 新幹線に限らず、幼児をお連れの場合は授乳・ミルクができる場所が心配ですよね?我が家でも次男は2〜4時間に一度はその時が訪れます。新幹線に乗車する時間だけを考えがちですが、新幹線の駅から目的地までの時間があります。列車内で多目的室の利用、座席で授乳ケープの利用、あとあまり知られていませんが新幹線内でお...

≫続きを読む

 

新幹線の子供連れでおすすめな席

新幹線座席 新幹線を子供連れで利用する場合、泣いたり、暴れたり、大声を出したりと乗る前の不安はたまったもんじゃありません。私は6歳(♂)、1歳(♂)の父親で何度も乗車していますが、未だに新幹線は私も妻も避けたいというのが本音です。1歳の次男は外では滅多に泣かないのですが新幹線だけはダメです。普段の生活とは違うた...

≫続きを読む

 

子供の乗り換え改札での注意点

新幹線の乗り換え改札口 新幹線は小学校入学前であれば、「幼児」の扱いとなり、切符は不要です。座席の都合上、この幼児の切符を買うと新幹線の自動改札が場合によっては通れないケースがでてきます。子供が小学校入学前の3〜6歳で在来線から乗り継いで新幹線に乗る場合は一読下さい。子供の新幹線乗車について小学校入学前は「幼児」に分類され...

≫続きを読む

 

子供連れの苦労・失敗体験談

赤ちゃんや子供連れでの失敗談や苦労談です。本サイトにご協力頂いた方からの体験談をご紹介します。余り乗せると怖くなってしまうかもしれませんが、成功事例を聞くよりはご参考になります。保育士でもなんでもないおっさんのアドバイスも載せてますので、聞き流しながらお読みください。ご協力頂ける方まだまだ、失敗談や...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加