新幹線の子供料金はいつからいつまでか

新幹線の子供料金

こども

全国の新幹線共通で12歳以上は大人、小学校入学から12歳未満は特急料金が半額となります。
小学校入学前までは大人と一緒に乗車すれば無料になります。

 

乗車人数や単独で利用する場合にも適用が変わってきますので詳しくご紹介します。

(広告)

 

年齢別の料金区分

新幹線の年齢別の料金区分一覧

料金区分

年齢

他条件

大人

12歳以上

12歳でも小学生であれば「子供」

子供

6歳〜12歳未満

6歳でも小学校入学前は「幼児」

幼児

1歳〜6歳未満

大人や子供と同行、人数制限有り

乳児

1歳未満

大人や子供と同行すること

一般的には小学校入学は7歳からで卒業が12歳です。
小学校入学や卒業前後には無料だったり、大人料金になったりと一番ややこしいので間違えないようご注意ください。

(補足)JRでは大人=「おとな」、子供=「こども」とひらがなが正式表記ですが、ここでは漢字で表現します。

 

 

子供料金

子供は大人の半額です。
多くの在来線でも同様の体系で子供料金では半額となり、10未満は切り捨てになります。
(例)大人料金が30円だとしたら子供は15円ではなく、10円です。

 

「こども」がグリーン席を利用する場合にはグリーン券の料金に割引はなく、大人と同額です。

 

 

 

子供のきっぷ

新幹線子供切符

子供の切符の場合、右上に「小」のマークがあります。
「子」ではなく「小」です。

 

 

乳児・幼児でこども料金が必要となるケース

「幼児」、「乳児」は原則無料ですが、以下のケースでは「子供」料金が必要になります。

 

同行する人数

大人や子供1人と同行する「幼児」が3人以上の場合に3人目からは子供料金が必要です。
大人や子供が2人であれば幼児4人までは無料です。

 

幼児に限った例外規則なので、1歳未満の赤ちゃんなら5人でも10人でも料金は必要ありません。
心が折れると思いますが…

 

指定席・グリーン席の乗車

「幼児」、「乳児」が一人で指定席、グリーン席に乗車する場合は、子供料金が必要です。

 

1歳未満の乳児が一人で指定席に乗る状況は安全に支障をきたすという理由で乗車を拒否されそうですし、してほしいですね。

 

自由席の乗車

「幼児」が一人で自由席に乗る場合

 

私も幼稚園の際に一人で名古屋〜新大阪間に乗せられた記憶があります。
切符を買った覚えなどありませんが、しっかり両親が払っているはずです。

(広告)


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

東京-名古屋の新幹線料金
東京名古屋間の通常料金とエクスプレス予約の割引サービス毎の新幹線料金
東京-新大阪の新幹線料金
東京新大阪間の通常料金とエクスプレス予約の割引サービス毎の新幹線料金
東京-京都の新幹線料金
東京 京都間の通常料金とエクスプレス予約の割引サービス毎の新幹線料金
払い戻し
新幹線の払い戻し
学割
新幹線の学割制度と利用方法
入場券
新幹線の改札に入る入場券の買い方