新幹線の運休や遅れのトラブル

新幹線の運休や遅れのトラブル

新幹線で死ぬほど避けたいのが遅れや運休に巻き込まれることです。
出発前ならまだしも乗車中だと場合によっては列車に缶詰。

 

巻き込まれた場合にルールや成り行きをある程度把握していると、疲労も多少は和らぎます。

 

運休や遅れが起きた際のルールやどうするのかなど実体験を織り交ぜてご紹介します。

 

(広告)

台風や大雨で新幹線が運休したら

新幹線の運休 台風や大雨、大雪、故障などで新幹線が運休となるケースは数年ごとに起こります。運行中止ともなると駅員も乗客も電光掲示板もぐちゃぐちゃでわけがわからなくなります。運休となった場合のルールはJR旅客営業規則にきちんと明記されており、いざというときのためにご参考に。ただし、実際の運休時は駅の立て看板やWEB...

≫続きを読む

 

新幹線が遅延したら

新幹線の遅れ 新幹線の遅延は個人的には一番避けたいトラブルです。動かないともなれば払い戻しして予定を直ぐに立て直すことに頭が切り替わりますが、「遅れ」は結論が見えない戦いになります。遅延した場合にどうすればいいかをルールや実体験からご紹介します。遅延による保障の原則JRが責任を負ってくれるのは、2時間以上到着が遅...

≫続きを読む

 

新幹線の運行状況を確認する

新幹線の電光掲示板 新幹線で遅れや運休が発表されていないかを確認できるサイトをいくつかご紹介します。運行状況が確認できるホームページは、アクセスが集中してつながらないケースもありますので、複数の手段を準備しておくことをお勧めします。東海道新幹線JR東海の運行状況 公式サイトJR東海運行状況区間は、東京〜新大阪間情報は、...

≫続きを読む

 
このエントリーをはてなブックマークに追加