新幹線が運休した時の払い戻しとルール

新幹線が運休した時の払い戻しとルール

新幹線が運休となったらどうする

新幹線の運休

台風や大雨、大雪、故障などで新幹線が運休となるケースは年に何回か発生します。
運行中止ともなると駅員も乗客も電光掲示板もぐちゃぐちゃでわけがわからなくなります。

 

運休となった場合のルールはJR旅客営業規則にきちんと明記されており、いざというときのためにご参考に。
ただし、実際の運休時は駅の立て看板やWEBサイトの最新情報、駅の構内放送に注意して従うようにしてください。
実際には乗客が有利となる対応がとられるケースが多くあります。

(広告)

 

運休に関する基本

新幹線に限らず鉄道は、強風や大雨での運行基準を元に運転の見合わせや、徐行運転、運休の処置をとります。

 

従来は天候が影響する場合には「徐行運転」→「運転見合わせ」→「運休(一部)」→「全線運休」と段階的でしたが、最近では台風の接近だと一発で運休とするケースもあり、判断が速くなってきています。

 

乗車する側としては、早いところ見切りをつけてくれた方が別の手段を考えやすいので、利用者にとっても改善されてきています。

 

運転見合わせと運休の違い

運転見合わせとは

運転見合わせは、列車が出発を待機している状態で、運転できる状態になったら出発します。
目的地に2時間以上遅れて到着すると特急料金だけが払い戻しされますが、1時間59分の遅れだと原則払い戻しはありません。

 

運休とは

運休は、その日の出発は取りやめを意味するため、原則全額払い戻ししてもらえます。
ただし、振替輸送が行われるケースでは、代替の輸送手段を利用した場合には運賃(乗車券分)を規則上は払う必要があります。
乗車券は出発地から目的地までを移動するための契約であって、手段は関係がないからです。

 

「運休」と「運行中止」という2つの呼び方がありますが、鉄道会社が公式に使うのは「運休」で、駅で立てられる掲示板も「運休」に統一されています。

 

 

運休の基準

大雨

それぞれJR各社が運行する路線の地質や特性から判断して決めています。

  • 東海道新幹線は、60mm/時間以上で運休
  • 山陽新幹線では、55mm/時間以上で運休
  • 九州新幹線では、100mm/時間以上で運休

JR東日本の新幹線は2008年より「実効雨量」基準を採用しており、他社の時雨量方式とは違います。
土壌の水分量から割り出して安全かどうかを判断するというものなので、JRの発表次第ですが、他の新幹線の目安とは大きくは違いません。

「実効雨量」とは、降った雨が時間の経過とともに浸透・流出することで 変化する土中の水分に相当する量であり、線路およびその周辺での土砂災害との関連性がよい指標です。

出典:東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

強風

強風では全国の各新幹線は統一されています。

  • 風速20m/秒以上で段階的に徐行運転
  • 25m/秒以上で運転見合わせまたは徐行
  • 30m/秒以上で運休

在来線は25m/秒以上で運転見合わせとなるケースがほとんどなのに対して、新幹線は徐行はしますが、風に強いことがわかります。
防音と兼用の防風柵や元々300km近くで走行する以上は風に強くないと困ります。横風には弱いのでしょうけど…

 

 

運休による保障の原則

保障は切符の払い戻しのみ

JRが責任を負ってくれるのは、購入した切符の払い戻しに限られます。ホテル代金、乗り継ぎ飛行機代金も全部ダメです。
JRの唯一の義務である切符の払い戻しは、本人が申し出ない限り何もしませんので後述する払い戻しを受ける方法をご参照ください。
(JR東海のエクスプレス予約であれば未発券の場合に限り、自動的に払い戻しされます)

 

飛行機、ホテルのキャンセル料は自己負担

例え、新幹線が運休したことで飛行機に乗り遅れた場合、宿泊先のキャンセル代金も、遅延、運休の理由がどうであれ、JR側は責任を負ってくれません。
故意に列車を遅らせた人がいた場合は、その人に個人的に訴訟を起こして賠償請求できる可能性はありますが、現実的ではありません。

 

タクシーの利用は自己負担

一部運休している区間だけタクシーを利用した場合では、乗車しない区間の払い戻しを受けられますが、タクシー代金はもちろん自腹になります。
運休区間の振り替え輸送でバスが準備されることがありますので、自腹が無理な場合はJRが用意した振り替え輸送手段(無料)を利用しましょう。

 

仮眠所、振り替え輸送はJRの好意

よくある運休時の利用者へのサービス例として、駅や列車に仮眠所を用意してくれたり、振り替え輸送のバスを手配してくれたりすることがありますが、いずれも義務ではありません。
近年は利用者をないがしろにすれば一斉に非難されますので、可能な範囲でなんらかの対応はあると思って間違いありません。

(広告)

 

 

運休となったら

きっぷの購入前

目的地までの区間が一部でも運休となった場合はその区間は原則販売中止となります。

 

ただし、振り替え輸送を行っている場合はご注意下さい。
バスや他路線で振り替え輸送を行っている状態だときっぷ販売することがあり、その状況で購入した場合には、状況を承知した上で購入したとみなされます。すると運賃(乗車券)を払い戻してもらえない可能性があります。
実際は払い戻してくれるとは思いますが規則上はNGなのです。

 

乗車前に運休となった場合

切符が手元にあり、改札を通る前(使用前)の状態では選択肢として以下の何れかを選択します。

  • 乗車をやめる
  • 後続列車に乗車する※運行している場合に限る
  • 後日乗車する

 

乗車をやめる場合

手数料なしで全額(特急料金と運賃)が払い戻されます。
払い戻しは翌日から起算して1年以内に駅できっぷを提示すればどこの駅でも手続きしてくれます。
自由席券で、後続列車が動いている状況では後続列車に乗らないとだめですよ。

 

後続の列車に乗車する場合

指定席券の場合は無料で後続列車に変更できます。
窓口で購入したきっぷは、通常1回しか変更はできませんが、運休が関係する場合は2回目でも3回目でも何度でも無料で変更することができます。

 

指定席券で後続列車に乗る場合は、無料で後続列車の指定席へ変更ができますが、指定席が満席の場合は自由席を利用することになります。この場合は料金(特急券)の半額が返金されますが、乗車前に駅員さん、車掌さんに事前に申し出た場合に限られます。

 

実際運休となると、駅員さん、車掌さんは忙しすぎて捕まえられません。並ぶのも面倒です。
私の場合、後続列車の指定席が空いていれば適当に座り、混雑していたら自由席か最悪は立って行きます。
列車内で検札に車掌さんがきた場合は事情を言えばその場で変えくれ、臨機応変に対応してくれますよ。

 

 

乗車中に運休となった場合

乗車中に列車が運行となった場合には以下の選択肢があります。

  • その駅で降りる
  • 有効期間の延長
  • 無賃送還
  • 他経路乗車
  • 不通区間の別途乗車

 

その駅で降りる(旅行の中止)

運休となった駅で降りることで、特急料金が全額、降車した駅から目的地までの乗車券分が返金されます。
後続列車も運行していない場合で、自宅まで別手段で帰ることができるなら良い選択肢です。
駅で払い戻しの手続きか払い戻し請求の証明をもらっておくことをお忘れなく。

>>JR旅客営業規則 第282条の2

>>JR旅客営業規則 第286条 

 

後日列車に乗る(有効期間の延長)

申し出た日から開通後5日以内に乗車して移動を再開することができます。
駅に切符を預けることになっており、切符と引き換えに証明書をもらい、再開時に受け取ります。

 

私自信もピンと来ない方法ですが、開通するまで駅周辺で寝泊まりする例が考えられます。
一度出発地に戻るよりも待ってた方が良いケースの場合は「有効期間の延長」と申し出ましょう。

>>JR旅客営業規則 第283条

 

出発駅に引き返す(無賃送還)

出発駅に引き返す場合は、全額(特急料金と乗車券代)が払い戻しされます。
事情がない限り行きと同じルートで戻る必要があります。
戻る際に途中駅で降りた場合は、出発駅から途中下車駅までの運賃(乗車券代)が差し引かれ、残り区間の運賃と特急料金は払い戻されます。
送還を終えた駅で払い戻し請求の証明をもらうこと。

>>JR旅客営業規則 第284条

>>JR旅客営業規則 第286条

 

他の電車で移動する(他経路乗車)

きっぷに記載の目的地へ移動可能な最短ルートの列車に無料で乗車することができます。
新幹線のケースでは区間が限られますが、在来線や特急列車を利用することもできます。

 

新幹線の特急料金との差額は払い戻しを受けることができます。
他経路に乗車する駅で証明を貰い、前途駅で払い戻しを請求します。

>>JR旅客営業規則 第285条

>>JR旅客営業規則 第286条

 

別の手段で移動(不通区間の別途乗車)

乗車駅から前途駅までの区間を乗客が自分で選択した別手段で移動した場合は、その区間の運賃(乗車券)と、特急料金の全額が払い戻しされます。

 

この場合は途中駅で「不乗車証明」を貰った上で払い戻しが必要です。

>>不乗証明例(外部サイト)

 

例として、運休したため一部の区間を路線バスで移動した場合はその区間分の運賃は払い戻されます。

>>JR旅客営業規則 第287条

 

 

 

まとめ

運休となったかどうかは駅での掲示や放送、WEBサイトなどに掲載されます。
駅で歯切りの悪い放送があった場合は怪しく、混乱状態で誤っている可能性があります。

 

大事なのは複数のサイトと手段で正確な情報をつかむようにしましょう。

 

 

運休や列車が遅れた場合は、心無い人が怒りの矛先を駅員さんに向けるケースが在来線でも多くみられます。
彼らに責任はありません。
余計に冷静な対応もできなくなるので食ってかかる人達は周囲に迷惑をまき散らしています。

 

もどかしいアナウンスで混乱を増幅させるケースもありますが、そこは「まぁまぁ」と許してあげましょう。
とにかく正確な情報が出るまで気楽に待つのが一番疲れない方法です。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


 

 

トップへ戻る