新幹線のグリーン車の料金や座席の違い

新幹線のグリーン車の料金と設備について

グリーン車

東海道新幹線ではグリーン車というワンランク上の指定席が準備されており、通常の新幹線料金に追加料金を支払うことで誰でも利用できます。

 

有名人なんかも新幹線を利用する際はグリーン車を利用するケースが多いです。

 

普通車と比べて、料金や座席の設備の違いなど詳しくご紹介します。

 

※特に言及しない限り、最も多い「のぞみ」号のN700系車両について記述しています。

 

(広告)

 

 

 

グリーン車とは

グリーン車とは設備が豪華で、座席もゆったりと利用できる特別な車両を指します。
JRが国鉄の時代から今でも残るサービスで、飛行機のファーストクラスよりは劣りますが落ち着いた環境で移動ができます。

 

利用には通常料金とは別にグリーン券を購入する必要があります。

 

北陸・東北・北海道新幹線では、更に上位クラスの「グランクラス」なるものがありますが、東海道新幹線ではグリーン車か普通車のどちらかになります。

 

 

 

グリーン車の号車

号車

東海道新幹線に直結している山陽新幹線の新大阪〜博多、九州新幹線の博多〜鹿児島中央では一部グリーン車が無い列車もあります。

 

新幹線 列車別のグリーン車の号車と有無
列車

有無

号車

運行区間

のぞみN700系

8、9、10号車

東京〜博多

のぞみ700系

8、9、10号車

東京〜博多

みずほN700系(8両編成)

6号車

新大阪〜鹿児島中央

さくらN700系(8両編成)

6号車

新大阪〜鹿児島中央

ひかりN700系(8両編成)

6号車

新大阪〜博多

ひかりN700系

8、9、10号車

東京〜博多

ひかりレールスター700系

×

新大阪〜博多

ひかり700系

8、9、10号車

東京〜博多

こだまN700系(8両編成)

6号車

新大阪〜三原、新下関〜博多

こだまN700系

8、9、10号車

小倉〜博多、東京〜新大阪

こだまN700系(8両編成)

×

新大阪〜博多

こだま500系(8両編成)

×

新大阪〜博多

かがやき

11、12号車(注)

東京〜金沢

はくたか

11、12号車(注)

東京〜金沢

つるぎ

11号車

富山〜金沢

(注)「かがやき」「はくたか」の12号車はグリーン車よりも上のグランクラス

 

 

 

グリーン車の料金

電車と料金

グリーン車に必要なグリーン券は距離に応じて料金が決まります。
およその目安としては100km毎に1,000円です。

 

東京〜名古屋が約4,000円、東京〜京都・新大阪が5,000円ぐらいの追加料金となります。

 

料金差は距離だけなので、「のぞみ」「ひかり」「こだま」や、おとな/こども、閑散期/繁忙期の何れも料金に変動はありません。
年中だれでも何時でも同じ料金なのです。

 

東海道・山陽新幹線 グリーン車の距離別料金
距離(営業キロ)

料金

東京駅発の利用駅

新大阪発の利用駅

100kmまで

1,280円

品川、新横浜、小田原

京都、新神戸、西明石、姫路

200kmまで

2,750円

熱海、三島、新富士、静岡

名古屋、岐阜羽島、米原
相生、岡山

400kmまで

4,110円

掛川、浜松、豊橋、三河安城、名古屋、岐阜羽島

静岡、掛川、浜松、豊橋、三河安城
新倉敷、福山、新尾道、三原、東広島、広島、新岩国

600kmまで

5,300円

米原、京都、新大阪、新神戸

東京、品川、新横浜、小田原、熱海、三島、新富士
徳山、新山口、厚狭、新下関、小倉

800kmまで

6,480円

西明石、姫路、相生、岡山、新倉敷、福山

博多

801km以上

7,650円

新尾道、三原、東広島、広島、新岩国、徳山、新山口、厚狭、新下関、小倉、博多

該当なし

 

 

九州新幹線 グリーン車の距離別料金
距離(営業キロ)

料金

参考区間(博多発)

100kmまで

1,030円

新鳥栖、久留米、筑後船小屋、新大牟田、新玉名

200kmまで

2,060円

熊本、新八代、新水俣

201km以上

3,090円

出水、川内、鹿児島中央

 

▽関連記事→新幹線の停車駅一覧

 

 

 

グリーン車と普通車の違い

比較

座席のサイズ

前後の間隔に大きな違いはありませんが、座席の幅が10cmも違い、ゆったりしています。
私は小柄なので普通車の座席幅で十分かと思いきや、グリーン車に乗った後は普通車が「狭っ!」と感じるのでやはり体系に限らず快適なのでしょう。

 

(グリーン車)
座席自体の横幅は51cm、前の座席との間隔は54cm

 

(普通車)
座席自体の横幅は40cm、前の座席との間隔は52cm

 

 

座席や設備の違い

グリーン車ならではの設備がいくつかあります。

  • 全席にコンセントがある
  • 空調の風量調整
  • 足載せがある
  • レッグウォーマーで足元が温かい
  • リクライニングレバーで楽に動かせる
  • テーブルサイズが大きく、大小2つある
  • 読書灯がある

 

詳しくは、新幹線グリーン車の座席の違いで写真入りで詳しくご紹介しています。

 


DMM広告

広告

 

 

列車内の騒音の違い

グリーン車は普通車と比べると格段に静かです。
一人で乗車する方が多く、騒ぐような子連れや若者が少ないのが一番の理由です。

 

 

客層の違い

気のせいかもしれませんが、グリーン車に乗るとオーラをまとった人たちを見かけます。

 

実際にグリーン車に乗る人の25.6%は経営・社業全般の職種に就いている人です。
ちなみに世帯収入は43.2%の人が年収1,000万円を超えており、内14.5%は年収2,000万円以上です。

(出典)2015年株式会社JR東海エージェンシーのマーケティング調査結果

 

気のせいではなく、私と違って相応の人が利用する率が高いのですね。

 

 

サービスの違い

普通車と大きな差はありません。
座席には旅雑誌や車内紙があり、車内紙は持ち帰ることもできます。

 

「のぞみ」「ひかり」であればおしぼりを配ってくれます。
このおしぼりは肉厚で、嫁が子供と出かけるときに重宝するらしく、グリーン車を利用する度に持ち帰っています。

 

(グリーン車のおしぼり↓)

グリーン車のおしぼり

 

あと、グリーン車専門のパーサーさんが頻繁に通りますので、切符の変更、座席の変更などタイミング良く対応してもらえます。

 

 

 

グリーン車の利用方法

切符を券売機で買う

グリーン車のきっぷの買い方

グリーン車を利用したい場合は切符を購入する際に「グリーン車で」と言うだけです。
自動券売機でも買うことができます。
グリーン券は特急券と同じ1枚のきっぷになります。

 

 

グリーン車に変更するには

駅の窓口であればグリーンへの変更ができます。
また、列車内で車掌さんに言えばグリーンへの変更もできます。
もちろんグリーン車との差額の支払いが必要ですよ。

 

JR東日本の新幹線では自動券売機で普通車からグリーン車への変更ができるようですが、個人的には試したことがありません。

 

 

 

まとめ

エクスプレス予約の会員になると、東京〜新大阪を6往復するとグリーン車に無料で乗れます。
私はいつもこのエクスプレス予約のグリーンプログラムなるポイント制度を利用しています。

 

グリーン車を利用する場面ですが、必ず連休前や週末の普通車が混雑しているタイミングを狙います。
個人的には空いている普通車であれば、わざわざグリーン料金を払って乗るまでではないと思います。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


新幹線グリーン車の座席の違い

新幹線グリーン車 東海道・山陽新幹線のVIP用の席がグリーン車です。通常の日中であればかなり空いているので、人と顔を合わせることも少なく、芸能人やスポーツ選手も利用することが多い座席です。そんなグリーン車の中でも普通車とは違った座席について詳しくご紹介します。(注)特に明記しない限り、列車は最新で本数が多いN700系...

≫続きを読む