新幹線から富士山が見える座席

新幹線から富士山を見るには

富士山

 

東海道新幹線で静岡付近を通過した場合、窓から数分間ですが富士山を見ることができます。
何度見ても飽きませんので天気の良い日はぜひともどうぞ。

 

新幹線から富士山が見える座席位置や通過する時間についてご紹介します。
テレビ以外で富士山を実際に見ることはなかなか機会がありませんが、何度見ても飽きませんので

 

(広告)

 

 

窓から富士山が見える座席

新幹線の進行方向と号車

新幹線の進行方向と号車の関係

新幹線は常に東京駅側が16号車、新大阪・博多方面側が1号車です。
終点で回転したりしません。
東海道新幹線は、富士山の南側を通過します。

 

 

富士山が見える座席

新幹線のE席

東京方面でも新大阪・博多方面でも常にE席が一番見えます。
(E席は2人席の窓側になります)

 

グリーン車をご利用の場合は、2人席x2の座席配置のためD席になります。
グリーン車にはE席がありません。

 

 

 

富士山を通過する時間

新幹線から富士山が見える場所

「のぞみ」の場合に富士山が窓から見える時間の目安をご紹介します。
わずか4分程なのでお見逃しなく。

 

名古屋方面からの上り列車の場合

富士山
(車内からスマホで撮影した下手な写真。電柱が曲がっているところに目がいってしまう…)

 

名古屋駅(東京方面)を発車してから50分後ぐらいから見えはじめ、4分後には新幹線が谷間を通過するので見えなくなります。

 

名古屋駅出発後、44分で静岡付近を通過します。
この時点ではまだ見えません。

 

静岡通過後、地図上で「富士川」あたりから見えます。
富士川の直前では長めのトンネルを2本通過しますので目安としてください。

 

出発して53分後には富士山の真横を通過します。
正確に見える間は、名古屋出発から51分〜54分の間です。

 

 

おまけ写真(気合いをいれて一眼レフで車窓より 2016.11.3富士川近辺)

新幹線の車窓からの富士山

やはりセンスが・・・。カメラでなく撮影者の問題ですね

 

 

東京方面から下り列車の場合

東京駅(新大阪方面)を発車してから45分後です。
※5分前後余裕はみてください。

 

富士山が見られる時間はおよそ4分間です。

 

 

 

富士山以外の名所

富士山だけでなく、東京から新大阪まで500km以上、博多まで1200km近くも走破するため各地の名所がいろいろと見られます。

 

E席側(山側)で見られる名所・景色

  • 福山城(広島県)
  • 姫路城(兵庫県)
  • 彦根城(滋賀県)
  • 琵琶湖(滋賀県)
  • 伊吹山(滋賀県)
  • 名古屋城(愛知県)
  • 清州城(愛知県)
  • 掛川城(静岡県)
  • 浜名湖(静岡県)
  • 富士山(静岡県、山梨県)

 

A席側(海側)で見られる名所・景色

  • 小倉城(福岡県)
  • 瀬戸内海(九州〜関西)
  • 三河湾(愛知県)
  • 浜名湖(静岡県)
  • 相模湾(神奈川県)
  • 小田原城(神奈川県)

 

 

 

まとめ

天気の良い日中であれば、富士山や有名な名所が見えるとシャッター音が周りから聞こえます。
それを合図にするのが一番かも。

 

名所は、見ようと思うと過ぎてしまい、リラックスしていると見逃す。気合いを入れすぎると疲労困憊(笑)
ほどほどにどうぞ。

 

(広告)

 

(関連コンテンツ)


関連ページ

移動中のパソコン、読書
東海道新幹線に乗車中の時間のつぶし方、読書に関して
コンセントがある座席
東海道・山陽新幹線のコンセントが使える席
新幹線内の電波状況
東海道新幹線の車両内の電波状況
新幹線内のWiFiサービス
東京新大阪間は、新幹線の列車内でWi-Fiサービスが各ベンダより提供されています。
WIFI事業者別の詳細
新幹線の車内WiFiサービスについて事業者に料金や条件等をご紹介します。
グリーンプログラム
エクスプレス予約で新幹線の利用に応じて貯まるポイント制度
新幹線のグリーン車
東海道・山陽新幹線のグリーン車の設備や料金を詳しく