新幹線 車内や駅でのオムツ替えはどうする?

新幹線の列車内・駅でのオムツ替え

新幹線でおむつ替え

東海道新幹線・山陽新幹線でのオムツ替えの場所や設備をご紹介します。

 

何時間も乗車するケースもある場合や、新幹線下車後にも在来線利用がある方も多いと思います。我慢させずにオムツ替えができれば、残りの工程も少しは赤ちゃんのご機嫌も損なわずに済みます。

 

オムツ替えはそれ程ハードルは高くありません。

 

(広告)

 

列車内のオムツ替えができる場所

洋式トイレの利用

新幹線の洋式トイレにはおむつ交換台が準備されていますので利用することができます。
経験上、1歳を過ぎると狭く感じ始めますが、ハイハイし出す8か月頃までは問題ありません。

 

洋式トイレは奇数号車の東京寄りにあります。
新幹線は意外と揺れますのでくれぐれも赤ちゃんが落ちないように注意してくださいね。

 

以下写真はのぞみN700系7号車の洋式トイレです。

のぞみ洋式トイレ

 

新幹線のオムツ替えができるトイレには写真のとおりマークがあります。

 

 

おむつ交換台

のぞみ洋式トイレ内のおむつ交換台の閉じた状態です。

 

使用時には軽い力で倒して利用すると次の写真のようにベット状になります。

 

 

おむつ交換台

のぞみ洋式トイレ内のおむつ交換台の開いた状態です。

 

真ん中にあるベルトで固定します。
小荷物を入れる網も交換台の右手にあります。
トイレを済ます間に赤ちゃんを寝かしておくこともできます。

 

 

おむつ交換台

体重制限は15kgまでです。
我が家の息子だと3歳頃です。

 

 

座席でのおむつ替え

新幹線座席

座席では年齢によらずおむつ替えは控えるのがマナーです。
個人的には気にならないですが、人によっては気分を害する可能性が高いです。
新幹線の乗車時間は長いケースが多いと思いますが、万が一注意されたりすると残りの乗車時間もお互いに居ごごちが悪くなってしまいます。

 

駅でおむつ替えができる場所

タイミングは調整しようがありませんが、できれば乗車前にも一度済ませておけるとベストです。
我が家では乗車前に確認し、おしっこだけでも駅で交換してしまいます。
新幹線の車内は揺れる上、駅の方がおむつ交換台も広く取られている場所が多いためです。

 

東京駅など、新幹線の駅改札内(またはその付近)に授乳室やオムツ交換台などを備えたベビー休憩室がある駅があります。

(広告)

 

(関連コンテンツ)


関連ページ

授乳・ミルク
赤ちゃん連れの場合に授乳やミルクはどうする?
おすすめな席(子供連れ)
東海道新幹線に子供連れで乗車する場合の快適な位置をご紹介
子供の乗換時の注意
子供が乗り換える場合に改札が通れないケース
子供連れの体験談
ご提供頂いた子連れ、赤ちゃん連れの体験談