新幹線で自転車の輪行

新幹線での自転車の輪行

ロードバイク

スポーツ用自転車なので大変軽やかに走らせる事が出来るロードバイク。
颯爽と山道(&歩道)を駆け抜けるマウンテンバイク。
コンパクトで持ち運びに便利なミニベロ。

 

近年のこのバイクのブームは凄いもので、これを使って様々な場所でサイクリングを楽しむ人は大変増加しています。
私自身もピナレロFP3、GISALLO、ヤマハPASの3台を所有しており、新幹線での輪行方法についてご紹介します。

(広告)

 

 

遠方への移動手段

どうしても市内など都市部に住んでいると自動車が少ない場所で気ままに走りたくなるのが心情です。
車道走行が少しずつ認知されてきましたが、やはりヒヤっとすることがあります。(車側、自転車側双方で)

 

そこで遠方の場所までこれを輪行するための手段が必要になってくるのですが、この方法として主に使っていく事になるのが新幹線となります。
これはロードバイクを載せた自動車を運転して自分で運ぶよりも疲れが溜まらないのは当然の事、飛行機や船に比べても安価且つ停まる場所が多いので大変便利な輪行手段となっています。

 

毎年、シマノのSUZUKAに参加していますが、知り合いが昨年、関西方面より走破してきました。
当たり前ですが、到着した時点ですでに満足し、耐久レースがクールダウンです。
帰りは新幹線で帰っていきましたよ。

 

 

新幹線への持ち込み

自転車に関する手回り品規則(持ち込み荷物)があります。

 

「自転車を列車内に持ち込む際は、折り畳むまたは解体してから専用の袋に完全に収納しなければならない」

 

解体してからという点が曖昧ですが、前輪を外して輪行袋や輪行バックに納めれば問題ありません。

 

注意されるケースとしては、輪行袋から少しでも車体が出ていると改札でとめられます。
輪行している人を見かけたことがあるかと思いますが、かなり目立ちます。

 

まぁ、バレないかなと思って適当にしまっていると注意されます。
ちゃんと駅員さんは見ていますよ。

 

 

輪行のベストな方法

乗車する列車

「こだま」など日中の空いている時間帯に乗車するのがポイントです。

 

朝夕方など混雑時だと邪魔です。
東海道・山陽新幹線では荷物置き場が少ないため、乗車中に苦労します。

 

こだまは各駅停車ですが、空いているのでのんびりと移動して余計なところで疲れないのでおすすめです。
当たり前ですが、各駅停車でも平均20km〜40kmのロードバイクよりは断然早いです。

 

置き場所|車両の最後部

空いていれば各車両の最後部座席がいいです。
新幹線の荷物置き場

 

壁と座席の間なので倒れたりする心配があります。

 

その代わりに混雑している場合や、座席に誰か座っている場合だと断っておかないとリクライニングで挟んでしまったりします。
要注意です。

 

置き場所|デッキに置く

各車両の前後にデッキがありますが、ここに置きます。
必ず車掌さんに了解をとっておかないと車内放送で呼ばれます。

 

デッキは11号車が一番広いのでおすすめです。

 

注意点は停車時にドアが開く際に邪魔にならないようにしないといけません。
停まるたびに様子を見に行くのが面倒ですがベストです。

 

また、盗難にご注意です。
手すりにカギでとめておかないと無防備で不安も倍増します。

 

まとめ

あまり新幹線では見かけませんが、車内でトラブルになるケースも聞きます。
少数派としてまだまだこれから認知されていくかと思いますので、マナーには注意したいです。

 

(広告)


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

新幹線の荷物置き場
東海道新幹線でスーツケースやトランクなどかさばる荷物を置けるスペース
ペットの持ち込み
新幹線へのペットや荷物持ち込みに関する規則
サーフボード
新幹線へのスポーツ用品や楽器、娯楽用品の持ち込み規則