EX予約のIC早特タイプAとは 料金と条件

EX予約のIC早特タイプAとは 料金と条件

IC早特<タイプA>

exic早特タイプA

 

IC早特タイプAとは、エクスプレス予約会員向けに提供されている割引サービスです。
条件が合えばエクスプレス予約で普通に予約するよりも更に3,000円前後安く乗車することができます。
3日前までの予約で山陽新幹線の区間に乗車する場合に適用できます。

 

IC早特タイプAのサービスは207年9月1日をもって終了しました。
後継の類似サービスは「EX早特」になります。

 

(広告)

 

タイプAとタイプBの違い

IC早特にはタイプAとタイプBがありますが、利用する区間による差です。
利用する時には指定するわけではないので、名称による違いを理解しておく必要性はありません。

  • IC早特タイプA・・・山陽新幹線区間
  • IC早特タイプB・・・東海道新幹線区間

東京から名古屋の区間に乗車する場合にタイプAは利用できません。

 

割引を受けるための条件

エクスプレス予約の会員である

EX会員向けの割引サービスなので非会員は予約できません。

乗車の3日前までの予約

乗車日の3日前までに予約する必要があります。
例えば11月20日に乗車予定の場合には11月17日の23:30まで、
土曜日の乗車であれば水曜日の23:30までに予約する必要があります。
予約の変更も3日前までで、それを過ぎると割引対象外となってしまいます。

会員本人に限る

予約者本人しか利用はできません。
EXICカードでの利用に限られているので、複数名での利用はできません。
複数名で乗車する場合には全員がエクスプレス予約会員で、個別に予約する必要があります。

利用可能な区間

少々ややこしいのですが、山陽新幹線の区間が中心です。
以下が利用可能な区間例ですが、出発駅が東海道新幹線の区間でも利用できます。

IC早特タイプAの設定区間

出発駅(到着駅)

到着駅(出発駅)

東京・品川・新横浜

西明石・姫路・岡山・福山・広島・博多

京都・新大阪・新神戸

小倉・博多

上記利用区間であっても新幹線を乗り継ぐ場合は利用できません。
「のぞみ」「ひかり」「こだま」に限られるため「みずほ」「さくら」を含む工程では利用できません。

 

時間帯の制限

乗車時間帯の制限はありません。終日OKです。
IC早特タイプBは朝6時台の出発というきつい制限がありますが、本タイプAでは出発時間の制限は一切ありません。

座席数の制限

提供されている座席数には制限があります
通常の予約で座席に空席があったとしてもIC早特の割引が適用できない可能性があります。

 

座席数については公表はされていませんが、感覚的に閑散期にはほとんどの列車に適用されています。
JR側が空席の状況から判断して提供する座席数を変えていると推定されます。

 

IC早特タイプAの対象列車の探し方

残念ながら一覧表示できるような画面やWEBサイトは存在しません。
エクスプレス予約の予約画面で探す必要があります。

 

対象列車の確認方法

予約の条件に一致した場合に、エクスプレス予約の列車・設備の選択画面に「割引設定あり」の表記があります。
exic早特タイプA1

IC早特での予約方法
上記の対象列車の確認方法画面で「割引設定あり」の右隣の「この候補を選択」を実行します。

すると画面が以下のとおり変わります。
exic早特タイプA2

上記画面で普通車を選択します。

(グリーン車ご希望の場合は「グリーン車」を選択します。
あとは好きな座席を選択して予約は完了です。

 

 

IC早特の予約変更

エクスプレス予約のIC早特で予約した列車は条件内であれば変更は何度でも可能です。
変更後の予約が条件外となった場合には自動的に清算され、割引が効かない金額となります。
この場合、特に手数料は発生はしません。

 

一番注意が必要なのは、3日前までの予約という点です。
直前(2日前)に変更を行うと割引が効かなくなりますので変更は3日前の23:30までに完了させる必要があります。

 

IC早特で乗り遅れ、キャンセルの場合

通常の予約であれば当日の自由席に乗車ができますが、IC早特の場合は乗車できません。
特急料金は再度支払う必要があります。

 

 

(広告)

 

 

トップへ戻る