東海道新幹線の予約、変更ができるタイミング

予約はいつから可能か

(広告)

 

新幹線の予約はいつからできるか?

乗車日の1ヵ月前の午前10時から予約ができます。
JR主要窓口でも、エクスプレス予約のネット予約でも全て同じです。

 

正確には1か月前の同じ日ですが、同一日付がない場合は以下ルールです。

  • ご乗車日が3月29日、30日、31日の予約は3月1日からです。
    ※2月29日がある年は2月29日が開始日
  • ご乗車日が5月31日の予約は5月1日からです。
  • ご乗車日が7月31日の予約は7月1日からです。
  • ご乗車日が10月31日の予約は10月1日からです。
  • ご乗車日が12月31日の予約は12月1日からです。

 

新幹線の予約はいつまでできるか?

券売機やネット予約は列車発車の4分前まで可能です。
厳密には予約操作の最後の操作を行った瞬間が4分前です。
エクスプレス予約の場合だと「OK予約する(購入)」ボタンを押した瞬間です。

年末年始など時期によって予約可能な期間に違いはあるか?

時期によって差はありません。
1月1日ご乗車の場合は12月1日の10時から予約が可能です。

エクスプレス予約のアクセスが集中して繋がりにくい時期はあるか?

年末年始の帰省時が混雑します。特に以下が繋がりにくいです。

  • 12月3日から12月5日にかけて(年始のUターンピーク)
  • 11月28日から11月30日にかけて(年末の帰省)

東海道新幹線を年末年始にスムーズにネット予約する方法

エクスプレス予約は同時に何人まで申し込めるか?

同時に申し込みは6名までです。
ただし、EX-ICでの申し込みだと1名限定なのでe特急券でも予約が必要です。

予約の変更に関して

予約の変更はいつまでできるか?

予約している列車の発車直前(5分前)まで可能です。

予約の変更可能期間は?

1カ月先の列車に変更ができます。
ただし、最大で初回に購入した日から3ヵ月以内までの列車までしか変更はできません。
変更し続けてキャンセル料発生を回避できるのは3ヵ月先までが限度です。

満席で変更できなかった場合、変更前の予約はどうなるか?

変更前の予約は維持されます。
自動的に変更前の予約が取り消されることはありません。
安心して思う存分変更ができます。

予約の取消し、乗車しなかった場合

列車発車前にキャンセルした場合の手数料は?

予約方法、キャンセルしたタイミングによって最低で220円、最大で全額負担になります。

 

以下記事にてケース別、タイミング別にまとめていますので詳しくはご参照ください。

 

▽新幹線での払い戻し→新幹線の切符の払い戻し

 

エクスプレス予約のサービス時間

エクスプレス予約のサービス時間は?

5:30から23:30の間に全てのサービスが利用できます。
以下に夜間のサービス内容についてご説明します。

 

夜間(23:30から5:30)のサービス内容

新規の予約

新規の予約はできます。
ただし、以下制限があります。

  • シートマップによる座席の選択ができない
  • 予約結果の確認ができない
予約の変更

できません

予約内容の確認

できません

予約の取り消し

できません

(広告)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

新幹線の停車駅一覧
のぞみ、ひかり、こだまの各停車駅
エレベーターの位置
東海道新幹線のホームでのエレベータ位置を駅ごとに紹介します。
エスカレーターの位置
東海道新幹線のホームでのエスカレーター位置を駅ごとに紹介します。
発着ホームの調べ方
駅によっては新幹線だけでも7つのホームがあり事前に調べる方法をわかりやすくご紹介します
乗り遅れた場合
予約した新幹線に万が一乗り遅れたらどうするか
ICご利用票の用途・紛失時
ICご利用票は東海道新幹線をエクスプレス予約でEXICカード(電子切符)を使って乗車する場合に発券されます。
繁忙期と閑散期の料金
新幹線は混む時期と空いている時期によって200円高くなったり安くなったりします。
新幹線の空席を調べる
新幹線の空席が調べられるサイトご紹介
N700系と700系の見分け
乗車する新幹線がN700か700系かを見分ける
駅間の距離を調べる
新幹線の駅間の距離を調べる
きっぷをなくしたら
新幹線のきっぷを紛失した場合
予約はいつから?
新幹線の予約に関連するタイミング全般の記事
切符の有効期限
新幹線のきっぷ有効期限
運行や遅れのトラブル
新幹線の運行や遅れのトラブル
電話による予約
新幹線の予約はJR西日本とJR九州の発売区間に限り電話予約が可能です。
新幹線に間違えて乗った場合
新幹線に間違えて乗ってしまった場合の対処法
新幹線の多目的室
東海道新幹線を中心に、1列車毎に設置されている多目的室