新幹線でのwifiサービス利用

新幹線のwifiサービスについて

(広告)

 

新幹線の東京〜新大阪間では無線LANによるサービスがありますが、制約が多くスマホかポケットwifiで十分です。
通信速度が遅い点で、あえて会員登録や有料のサービスに申し込んで利用する価値はほとんどありません。

 

利用するには

利用にはいくつかの条件や制限があります。

  • N700系の東京〜新大阪の区間のみ
  • 事前に事業者との契約が必要(本記事の下に掲載)
  • 1車両あたりの通信制限が2MBと遅い

 

サービス列車と区間

N700系への乗車が必要です。
現在ほとんどの「のぞみ」はN700系ですが、一部700系がまだ運行しています。

 

区間は東京〜新大阪の東海道新幹線の区間のみで利用が可能です。
新大阪駅よりも西ではサービスが利用できません。

 

サービス提供の事業者

2016年11月現在、以下の5つの事業所がサービスを提供しています。

各事業者と事前に契約の上、利用が必要です。

  • ドコモ「docomo wifi」
  • ソフトバンク「BBモバイルポイント」
  • UQコミュニケーションズ「UQ Wi-Fi」
  • NTT東日本「フレッツ・スポット」
  • NTT西日本「フレッツ・スポット」

詳細は次の記事で東海道新幹線の車内WiFiサービス詳細

 

通信制限

通信制限があります。1列車あたり2Mbpsとかなり遅いです。
とでも動画など見ることができる通信速度ではありません。

 

テキスト記事を見たり、メール送受信をしたり程度の実用性です。

 

(広告)

このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

移動中のパソコン、読書
東海道新幹線に乗車中の時間のつぶし方、読書に関して
コンセントがある座席
東海道・山陽新幹線のコンセントが使える席
新幹線内の電波状況
東海道新幹線の車両内の電波状況
WIFI事業者別の詳細
新幹線の車内WiFiサービスについて事業者に料金や条件等をご紹介します。
グリーンプログラム
エクスプレス予約で新幹線の利用に応じて貯まるポイント制度
富士山を見る
東京駅から博多までは1200km近くあり、各地の名所が楽しめます。
新幹線のグリーン車
東海道・山陽新幹線のグリーン車の設備や料金を詳しく